Home

が っ こう ぐらし アニメ ネタバレ

柴田一成監督は、本作の舞台挨拶の際に、“お願い”をしています。それは、「ぜひ原作やアニメ版をご覧になってください。今回の作品もあわせて観ていただければより楽しめると思います」ということ。この記事で何度も書いたように、それは本当でした。原作とアニメ版を観返した(読み返した)時に、映画版に限らず作品そのものの素晴らしさ、内包されていた精神性とメッセージに気づき、さらに涙を流したのですから! そして、原作マンガも周到に計算されて物語が作られていたこと、アニメ版も一話30分というフォーマットにマッチするように上手く再構成されていたことなど、それぞれの作品の完成度の高さを再認識できました。(特に、原作マンガの千葉サドル先生による絶望感溢れる描写はすごい!) この言葉で締めくくりましょう!「『がっこうぐらし!』は原作、アニメ版、実写映画版、それぞれが最高の作品であった」と、「『がっこうぐらし!』という作品を知ることができて、ただただ幸せだった」と! もうこれ以上言うことはありません。実写映画版『がっこうぐらし!』を全ての方にオススメします! (文:ヒナタカ). この両者のバランスが上手いことも、本作が実写映画化作品として成功した理由の1つでしょう。 何より、「『がっこうぐらし!』という作品の魅力はゾンビものということだけじゃない」と考えている原作およびアニメ版のファンは、きっと多いはずです(その“だけじゃない”ポイントはさらに後述します)。まず、その期待だけは裏切られないと、保証します! (C)「がっこうぐらし!」製作委員会. ってシーンは演出とか音楽含め怖かった いや、結局のところ. がっこうぐらし のアニメと原作漫画の違いは ゾンビアニメの最終. 結論から言えば、この実写映画版『がっこうぐらし!』はその点も抜かりはありませんでした。 まず、柴田一成監督は「ピンクのかつらをかぶるようなところではないアプローチからやりました」と、現実では成立しにくい見た目、もっと言えば“コスプレっぽさ”を排除するところから『がっこうぐらし!』の実写映画化の企画に着手しています。無理に原作を再現せず、“現実としてあり得る”ルックを重視するということは正しいアプローチでしょう。 そして、『がっこうぐらし!』という作品の基本設定は、前述したようにゾンビが発生し荒廃しつつある学校で、主人公が「本当は平和なままの学校を妄想している」ということです。つまりは、映像として“きれいなままの校舎(妄想)”と“窓ガラスが割れ荒涼とした校舎(現実)”の2パターンが必要とされていたのです。そのための美術が作り込まれていることはもちろんのこと、2パターンの校舎で効率よく撮影を進めるためのスケジュールも綿密に組まれていたのだとか。 その美術のこだわりは言うまでもなく小道具などの細部、主人公たち4人の“生活感”を再現した学園生活部の部室、学校の校章、自転車の防犯登録のシールなどにも及んでいました。果ては、屋上の菜園は撮影日に合わせ育つように計算しながら、美術部が実際にキュウリやトマトを植えて育てていったのだとか! そのおかげで、映画のどこを見てもほとんど違和感がない、まさに「作品内世界を信じられる」映像になっているのです。 余談ではありますが. ということはネタバレになるので書くことはできないのですが、映画オリジナルのオープニングシークエンスがとにかく優れていることはお伝えしておきます。これは、原作とアニメ版を知っている方、はたまたは予告やポスターのイメージだけで観に来ている観客にとって「えっ?」と驚くサプライズであり、しかも原作およびアニメ版にあったキャラ設定をしっかりと踏まえたものでもあり、さらに後々の展開にも見事に呼応するようになっているのです。 原作マンガまたはアニメ版を知っていれば、映画が進むにつれて構成が大胆に変更されていることに気づくでしょう。それは映画という媒体に適した物語のダイナミズムを作り出すことはもちろん、とある“事実”の提示をさらにドラマティックに仕上げることに成功しています。それは、『がっこうぐらし!』という作品を全く知らないという方でものみ込みやすく、またストレートに感動できるものになっていました。 そして、これは本当にネタバレになるので書けないのですが. とここまではほのぼのとした学園ものかと思いきや、実は彼女たちが生きているのはゾンビが蔓延る世界でした。絵と内容のギャップや、所々に散りばめられた.

. . きららコミックス「がっこうぐらし! 12巻」。 作画:千葉サドル。原作:海法紀光 芳文社発行。年1月発売(前巻年2月15日) がっこうぐらし 12巻 これまでの要点 第70話「さいかい」 第71話「もういない」 第72話「がまん」 第73話「かこ」. ここまで拙い文章、考察を読んでくださり本当にありがとうございます。 僕の記事で少しでも皆さんがより楽しくアニメを見ることができた、と思ってくだされば本当に嬉しいです。 次クールでは何を書こうか思案中ですが、僕の好きなアニメトップ10には入る「蒼穹のファフナー」の続編が放映されるのでそれの感想は書いていくと思います。それに加えて何かもう一つは書いていきたいです。 もし、気が向いたらブログを覗いてみてください。当然コメントも大歓迎ですので! 円盤は買いますが. 実写映画化の成功において大切なことには、「その作品内世界を信じられるかどうか」ということもあります。それは美術がチープであったり、矛盾する設定が見つかってしまったり、はたまた“コスプレっぽい”見た目で簡単に崩れてしまうもの。それだけで実写映画化作品の評価が決まってしまうと言っても過言ではないのですが. がっこうぐらし アニメ考察まとめ 最終回の謎や伏線. ここまで書いてきても、まだ実写映画版『がっこうぐらし!』の最大の魅力を申し上げていませんでした。それは、柴田一成監督が兼任で手がけていた脚本の完成度です。結論から言えば、「伏線を回収していく物語そのものの面白さがある」「登場人物たちの関係性がとても丁寧に描かれている」「原作マンガを2時間弱の映画として見事に再構成している」「映画ならではの新たな解釈が原作とアニメ版のファンにも感涙ものだった」など、ほぼほぼ賞賛しかないものだったのですから! 具体的に脚本のどういった点が優れているのか. 「映画『がっこうぐらし!』の場面写真が遂に解禁!.

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ 『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』あらすじ ある日、突然にして超人的なパワーを身につけてしまったチンピラのエンツォは、世話になっていたオヤジが殺され、アニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的なファンである娘のアレッシアの面倒を見る羽目になる。. 原作コミックとアニメの間では結構相違点があるのですが、映画「がっこうぐらし! 」では 原作コミック寄りになっていました。 ですから、アニメの声優さんのようなかわいい演技や演出を期待しているとがっかりするかと思います。. 劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 前編 Wandering; Agateram。昌豪さんの映画レビュー(ネタバレ)。評価1. 本作は、アイドルグループ“ラストアイドル”の中からキャスティングがされています。ラストアイドルとは番組のタイトルでもあり、その内容は「過酷な特訓の中での壮絶なサバイバルと人間模様をあますところなく追いかけてく」というもの。山口敏功プロデューサーよると、このキャスティングは「荒廃した世界で生き残っている4人の登場人物と、番組内でサバイバルして生き残ってきたアイドルとの親和性が高い」ということが大きな理由であったのだそうです。 加えて、監督とプロデューサー陣はラストアイドル全員のオーディションを行い、原作のキャラクターに近いか、または演技や動きはどうかという視点などで、もっともイメージにマッチする4人を選出したそうです。例えば、ゆき役の長月翠は「明るさと弱さを兼ね備えており、そして無邪気な笑顔が印象的だから」、などと。アイドルが主演ということそのものにネガティブな先入観を持ってしまう方もいらっしゃるでしょうが、「安易なキャスティングが行われているわけではない」ということだけは明言しておきます。 では、実際の映画本編の彼女たちの演技力はどうであったかと言えば. )。もちろん映画はこのドラマ版を観ていなくても問題なく楽しめますが、映画の後でも前でも良いので気軽に再生してみることをオススメします。.

とにかく実写化作品のための“チューンング”が入念に行われているのですから。しかも、サプライズの1つであるゾンビものとしての要素はプロモーションで提示されていても、この記事でも伏せている一番大切な“あること”、さらなるサプライズは予告でもポスターでも全くネタバレしていなかったのです。 そして、プロモーションでショックシーンをあえて見せる、ゾンビものであることを明かしてしまうことは、『がっこう. なお、原作漫画版、テレビアニメ版、実写映画版にてそれぞれストーリー展開が異なる。 さらに原作完結後、最終回のその後を描く『がっこうぐらし!〜おたより〜』が同誌年8月号より隔月で連載されている 。 原作ストーリー. 9月21日(月)~9月23日(水)ニコニコ生放送で3夜連続『がっこうぐらし』祭り! tvアニメ『がっこうぐらし!』第1~11話一挙無料放送&最終話直前生特番が決定!. さて、『がっこうぐらし!』という作品には、実写映画化という企画そのものにとどまらず、プロモーションにも拒否反応の声が多く寄せられた. がっこうぐらし をネタバレ考察 原作漫画最新巻までのあらすじは. 学校を舞台にしたゾンビ映画と聞いて、『ゾンビスクール!』という作品を思い浮かべる映画ファンもいるでしょう。 こちらは「普段から頭を悩ませている子供たちがゾンビになったから遠慮なくぶん殴ったりできる」というストレスが溜まっている教師の皆さん精神安定剤としてはうってつけの酷い(褒め言葉)内容で、よい意味でコテコテのB級ゾンビ映画としての魅力を突き詰めている、設定以外は『がっこうぐらし!』とは似ても似つかない、これはこれで好き者にオススメできる作品でした 実際に『がっこうぐらし!』と似ているのは、前述したように“想像の力”の強さと、“想像という行為そのもの”の必要性を提示している映画でしょう。以下では、それに当てはまる3作品を紹介します。.

一番はやはり皆さんに支えられて書いてこれたことが毎週の原動力になりました。 特にコメントですね。ほぼコメント欄が荒れることもなく、ここまでやってこられたのは皆さんのお陰です。ありがとうございます。 コメント返し、11話終わってないので今からさせていただきます笑 いただいたコメントやブログ内で言及をしてくださったブログ仲間の皆さん. 衝撃の1話から始まったアニメ「がっこうぐらし!」。これはまとめて見るのも面白そうですがリアルタイムで毎週視聴するのにぴったりのアニメでしたね。 この作品が多くの人を引き付けたのはどうしてでしょうか? 要因は何なのかなーと色々考えてみましたが、やっぱり第一に 作品としての面白さ が挙げられます。衝撃の1話、詐欺だらけの公式HP、深夜だけ変わるHP、変わるED. ではありませんでした。7話で飛ばした「おてがみ」。これを拾って眺める一人の女性がいました。彼女が思っていたこととはー。 以上です。. Twoucan 3 さどる がっこうぐらし 最終巻 画集発売中. 映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ() 監督:まんきゅう ナレーション:井ノ原快彦、本上まなみ 評価:80点 おはようございます、チェ・ブンブンです。. Amazonプライムで配信中のスピンオフドラマ『がっこう×××』において、「実写なのにキャベツが作画崩壊している(スーパーで売られているそのままのキャベツが土の上に置かれている)」ことが話題になってしまいました。こちらは若手女優陣の熱演、時系列を入れ替えた構成が練られているなど、全体的にはなかなかよい出来であったのに.

『がっこうぐらし!』という作品の魅力はゾンビものということだけじゃない」と前述しました。その“だけじゃない”ポイントの1つが、重ねて書きますが「主人公が平和であり続ける妄想(想像)をしている」ということ、もっと言えば「なぜ人は想像をするのか」という普遍的な問いが提示されていることです。それこそが“ゾンビもの”や“日常もの”という表面上のジャンル以上に『がっこうぐらし!』という作品において重要なことであったと、今回の実写映画版で気づくことができたのです。 しかも、それは“ゾンビが発生した”という劇中の特殊な環境だけに当てはまるものではなく、普遍的にほとんどの方が人生の一部を捧げていた「学校という環境(または社会そのもの)で生きる」ということにも繋がっているのです。どういうことかと言えば. ネタバレあり。 ・場面写真を公開. work 上の記事でも書いていますが個人的にはめちゃくちゃ楽しみにしていました! まあ公開前に叩かれまくったのがその要因ですが笑 とはいえ.

がっこうぐらし!のアニメの8話のネタバレの予想に感想!4人の身に!? time /08/26. 以下、ネタバレ注意 原作 ゆきが拾ってきた時点で、首の毛の下に傷を負っており、既に感染状態だったと思われる。. See full list on cinema. 公開前に「キャベツが、キャベツが〜」と散々叩かれていた 実写版 がっこうぐらし!を観てきました! 前にこんな記事も書いています。 www. 【ネタバレ注意】がっこうぐらしは、ホラーと言うより鬱として見るものですか?1話とか見ましたが、こういうどんでん返し好きです。が、アニメ、漫画でゾンビとなるとそこまで怖くないような. 学園生活部 犬 マスコット. ここまで実写映画版『がっこうぐらし!』を大絶賛しましたが、もちろん完璧な映画というわけではありません。もっとも気になったのは「ゾンビものとしてのツボは押さえられているものの、作りにはちょっと“ゆるい”ところがある」ということでした。 そもそもの「ゾンビが溢れかえる学校内で4人の生徒と1人の先生だけが生き残っている」という設定も実写ではより信じ難くもありますし、その学校内でおおよそ問題なく生活できていることに無理がある、女子高生が倒せる程度の強さのゾンビであれば世界はここまで荒廃しないのでは. 年代初頭に子どものみならず、大人も巻き込んだ人気を博したアニメ「おジャ魔女どれみ」 作品20周年となる年、新作が劇場用アニメとして公開されることになりました。 今回は、映画「魔女見習いをさがして」のあらすじネタバレを紹介!.

なんてものじゃありません。“鬼気迫る”と形容してもいいほど、終盤では絶望に沈んだ表情にも説得力が存分という、それぞれが本職の女優顔負けの名演を見せて行くのです!その演技の見事さは柴田一成監督も「最後は神がかってます。素晴らしいとしか言いようがないです」と絶賛するほどでした。 “映画の序盤では演技が不安定に見える”というのは普通に考えればネガティブな要素にしかなりませんが、本作においてはその限りではありません。劇中の登場人物の成長に合わせて、アイドルどころか女優としての彼女たちもさらにたくましく成長、いや進化をしていくのですから。これは、ほぼほぼ映画の物語の時系列そのままの“順撮り”で制作したおかげでもあります。 現実の役者の性格や生き様が出来上がった作品にも反映されている、ということは映画ではままありますが、本作では“アイドル映画. See full list on anime-kousatsu. 。そんな作品を世に送り出している会社だから「何かあるんじゃないか?」とハラハラさせられる3か月だったように感じます。現に1話は絶望しかありませんでしたからね。 が っ こう ぐらし アニメ ネタバレ この点についてはコメントでも意見をいただいています。 ー11話感想コメント「かりんちゃこ」さん ー11話感想記事コメント「ちふむ めしはしかや」さん ひょっとすると僕のような「考察記事」を書いている人が一番手のひらで踊らされていたのかもしれないですねw あ、ニトロプラスといえば「シュタゲ」の新作出るらしいですよ(宣伝) が っ こう ぐらし アニメ ネタバレ とりあえず、本当に面白い作品をありがとうございます!!. 秋アニメネタバレ冬季冬アニメ情報冬アニメネタバレ秋季秋アニメ情報秋アニメネタバレ年夏季夏アニメ情報夏アニメネタバレ年春季春アニメネタバレ春アニメ情報 (23). が っ こう ぐらし アニメ ネタバレ ”アニメ考察”はこれで4作目(「俺ガイル続」「プラメモ」「シャーロット」に続いて)となりますが、一番書いていて楽しいアニメでした。そして「プラメモ」と同じぐらい、いやそれを上回るぐらい力を入れて記事を書くことができました。 上であげた要因ももちろんありますが. 「がっこうぐらし」は、ゾンビに囲まれた世界で、学校に避難した女子高生たちの日常を描いた作品です。年に「まんがタイムきららフォワード」にて連載がスタートし、年にアニメ化されます。さらに、年には実写映画が公開され、様々な感想や評価が飛び交い、炎上騒ぎも起きまし.

めぐねえの指示のもと、放送室にゆきは向かいますがゾンビに囲まれてしまいます。絶望するりーさん。みーくんもゾンビに囲まれ全員が危機を迎えます。 ゆきの元にやってきたのは太郎丸!しかし、太郎丸はゆきを助けはしたもののすでにゾンビ化していました。太郎丸を見てゆきは涙を流します。 ゆきは放送室で「下校時のあいさつ」をします。ゆきの声を聞いたゾンビたちは続々と家に帰っていきます。また、ゆきも平和なときの学校生活を思い出していました。 翌日。薬が間に合ったくるみは何とか生還しますが、太郎丸は. 0。みんなの映画を見た感想. ?でも、実は存在しなかった. ?」と感じてしまうところがあった、というのは否定できません。映画初主演というプレッシャーと緊張がどうしても伝ってきてしまう、演技そのものに不安定なところも垣間見えてしまったのです。 しかしながら、映画が進むにつれて4人の演技力は上達. エレガントがっこうぐらし ネタバレ アニメ 12月 02,. が っ こう ぐらし アニメ ネタバレ 漫画「がっこうぐらし!」は、年からまんがタイムきららフォワードにて連載が始まりました。 年にはアニメ化、年には実写映画化された大人気の漫画です。 とはいえ、時間が経つと、最終回どうだったっけ?と内容を忘れてしまったと. folder アニメ. 年1月25日にがっこうぐらし!の実写版が上映されるとのことです。 実写版だからダメ?そんなの見てみないと分からないでしょう、ということで上映日に映画館に行って見に行くことを決めました。 25日中(それもなるべく早い時間)に、当ブログで映画を見た率直な感想を述べたいと思います。 アニメ版、原作(アニメで進んだところまでは購入し読みました!)との比較も行えたらなと思っていますのでお楽しみに! 【追記:見てきました!感想記事は以下からどうぞ!】 www.

もうハッキリと書いてしまいますが、本作のジャンルは“ゾンビ映画”になります。この「かわいい女の子たちがキャッハウフフする楽しい日常ものかな?」と思っていたら「ゾンビものだったのかよ!」というのは原作マンガおよびアニメ版の第1話でのサプライズとして用意されていたもの。そのアニメ版の第1話が放送されると原作マンガの売上げが前週の10倍に伸びたそうで、とにかく話題を集めていたのです。(ちなみに『がっこうぐらし!』という作品群においてゾンビという呼称は避けられており、概ねで“かれら”と呼ばれています) 学校内(世界)にゾンビが発生したが、主人公(の1人)は「平和な日常が続いているという妄想をする」ようになり、“学園生活部”という部活の中で幸せのままでいる。他の部員と顧問の先生は、その状況に陥ってしまった主人公を見守るような立場となり、ゾンビの恐怖に怯えながらも懸命に毎日をサバイバルしている. 2期を匂わせているので原作はどうしようか迷い中です。いずれにしても今は時間があまりないので、読むとしても時間をおいてからになると思います。 が っ こう ぐらし アニメ ネタバレ 原作を読んだら多分考察記事は書く. 前にも触れましたが、実写映画版『がっこうぐらし』には、オリジナルストーリーの前日譚となるスピンオフドラマ『がっこう×××』がAmazonプライムで配信されています。重要なのは、おのののか演じる“学園生活部”の顧問である“めぐねえ”が、このドラマにも中心人物として登場していることでしょう。 詳しくは観ていただきたいので詳細は書きませんが、このスピンオフドラマではめぐねえの「“保険の先生”としてどのように生徒と接していたかった」のか、また「学校とはどういうものと考えていたのか」といったことが明らかになり、それは実写映画版での行動やセリフと呼応するものになっているのです。(なお、めぐねえは原作マンガおよびアニメ版では現代国文の先生でした。実写映画およびドラマで保険の先生という設定に変更されていることも、重要な意味を持つようになります) これは原作およびアニメ版のめぐねえというキャラが好きであったという方も、納得できるものなのではないでしょうか。“ドキュメンタリー映画を制作している”という設定も必然性があり、映画本編に増して『桐島、部活やめるってよ』との共通点も見出すことができました。 『がっこう×××』はテンポがややゆったりとしていて間延びしているところがあるのも否定はできませんが、桜井日奈子、武田玲奈、上原実矩、森迫永依、優希美青という若手女優たちの熱演、ゾンビものとしての要素もなかなかしっかりしており、時系列を入れ替えた構成が考え抜かれていることもあって、この手のスピンオフドラマとしては出来がよいほう、少なくとも前述した「キャベツが作画崩壊」だけで敬遠してしまうのは流石に勿体ない内容です(キャベツはめちゃくちゃ気になりますが. アニメ「がっこうぐらし!」についてです。 ネタバレ注意です。最終回をご覧になった方々に質問です。正直犬を死なせる必要ってあったと思いますか?丈槍さんの制服の色を変えた意味は個人の世界観を表すための者だったんですか?2期はあると思いますか?たくさんありますがご意見お. この基本設定が、『がっこうぐらし!』という作品の一番の特徴と言っていいでしょう。 重要なのは、原作とアニメ版同様に、この実写映画版『がっこうぐらし!』が、ジャンルとしてはゾンビものと呼べたとしても、そのホラー描写だけに一辺倒にはなっていないということです。「実はゾンビものでした!」というのは確かに“掴み”としても設定上も重要ではあるのですが、実際はそのサプライズの以外のこと、“日常もの”としての側面も多く描かれており、それこそがクライマックスの感動につながっていく作品でもあるのです。 同時に、かなりの絶望感のある“あのシーン”など、ゾンビものとしてのツボを押さえた展開もたっぷりと用意されています。それでいて、原作マンガやアニメ版のファンが愛してやまない“日常もの”としての描写も外しておらず、ただご飯を食べたりすることなどへの喜び、「愛おしい誰かのために行動をする」という尊さはそのまま. 可愛らしいキャラクターが人気の漫画『がっこうぐらし!』。制服の少女たちが学校で自給自足の生活を送る様子が描かれます。. 」と正直に思ってしまっていました。 さらには、本作のプロモーション(予告およびポスター)では、前述した“第1話の衝撃”が明かされてしまっている、ゾンビものということが明確にわかってしまうものでした。それらは“作品のトーンのギャップ”を生かした面白い内容ではある一方、「ネタバレをするな!」「ただのゾンビ映画になっているのでは?」という批判ももっともなこと、そのために“何も知らない”という貴重な状態で『がっこうぐらし!』という作品に触れることがさらに難しくなってしまった、ということも事実です。 しかしながら、ここまで書いてきた通り、映画本編は “日常もの”の要素も多く描かれていることはもちろん、『がっこうぐらし!』という作品の精神性や面白さやメッセージを全く損なっていない、むしろ様々な要素が強化されている作品なのです。 コスプレっぽい見た目にすることなく、“幼児退行”している主人公の行動や言動も現実の女子高生として納得できるものになっており、主人公たち4人とおのののか演じる顧問の先生にもしっかりとした“実在感”があり、前述した“ゾンビものということだけじゃない”魅力もさらに際立っている. 原作者である海法紀光氏が、第5巻のあとがきでこう述べていたことに明確に表れています。 学生時代の楽しい思い出はいっぱいあるのですが、しかし当時の気持ちを思い出してみると、日々、生き残るために戦っていた気がします。 自分自身、自分と友達、自分と社会の中の、いろいろな矛盾にぶつかって、怒って、落ち込んで、絶望して。 それを変える力も権限もなくて、壁に頭をぶつける毎日だったと思うのです。 私が特別ハードな学生生活を送っていたというわけではなく、あの頃って、割と命がけだという。 当時は気づきませんでしたが、いろいろな人に助けて生き延びてきたわけです。 原作者が「学生生活は命がけだった」「いろいろな人に助けて生き延びてきた」と、しかも物語の大きな転換点となる巻の最後に掲げているのは、『がっこうぐらし!』という作品内でゾンビが溢れている世界(高校)が、普遍的な現実の学校生活そのものメタファーである、ということに他ならないでしょう。 そして、この実写映画版『がっこうぐらし!』では、 “主人公が妄想の世界で生きている”という基本設定が、とある描写(本当にネタバレになるので書けない!)の追加により“強化”されている、つまりは「なぜ人は想像をするのか」という普遍的な問いかけがさらに顕在化しており、その答えとしての“想像の力”の強さと、“想像という行為そのもの”の必要性をも見事に提示することに成功していたのです。 この“メッセージがさらに普遍的になり説得力も増した”ことこそ、実写映画版『がっこうぐら.

今回は『がっこうぐらし!』第78(最終)話のネタバレ&最新話!をお送りしました! 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!.